爽やかさと暖かさが重なり合う“春風”をイメージしたイヤリング&ピアスが届きました。

By kckacopy73 at 7 days ago • 0 collector • 19 pageviews

img_178cb2228704c70e30ed17184f3df646448220.jpg

シンプルでフラットな印象の白シャツは、リッチカラーのボトムスと好相性。装いに華やぎを期待される王室女性は、こうした特性を熟知した上でコーディネートしているようです。


「ブレない」おしゃれを貫いているリタさんの審美眼にかなった、顔回りのおしゃれに欠かせない小物は、サングラスとイヤーカフ。それぞれに、リタさんならではの選択理由がありました。


《CÉCILE ET JEANNE(セシル・エ・ジャンヌ)》は、フランスのコスチュームジュエリーブランドです。デザイナーのジャンヌが弟のエリックと共に1990年に創設、彼女自身の名と母の名セシルを連ねてブランド名としました。ジャンヌは五感で得たインスピレーションを頼りに、世界各地の天然石、パール、クリスタル、七宝、ガラス、革、リボンなどのあらゆる素材と色を駆使し、デザインしています。アイテムはいずれもパリの中心部にあるアトリエで高度な技術を持つ職人たちによって手作りされています。また、皮膚アレルギーへの配慮からすべての商品がニッケルフリーであり、ピアスの留め金にはチタンが用いられています。


爽やかさと暖かさが重なり合う“春風”をイメージしたイヤリング&ピアスが届きました。


ヨルダン王室のQueen Rania(ラーニア王妃)は、艶めいたプリーツのスカートをチョイス。色とシャイニー感で、白シャツをダブルで格上げしました。清潔感のある白だからこそ、さまざまな色や素材との組み合わせが楽しめます。イヤリングと靴も白トリミングでそろえて、品格をアピールしました。


引き揃え糸と合わせた刺繍糸のタッセルが、顔周りで軽やかに揺れ、華やかさを演出してくれます。



耳を象った柔らかなラインが際立つピアスは、天然石を散りばめて透明感のあるエッジの効いた仕上がりに。

カジュアルスタイルに凛とした女性らしさを演出してくれます。


Requires Login

Loading...